米国、ロシア人亡命を歓迎 動員令で出国相次ぎ

26日、ロシア中部オムスク州で招集事務所の前に並ぶ予備役の人たち(ロイター=共同)
26日、ロシア中部オムスク州で招集事務所の前に並ぶ予備役の人たち(ロイター=共同)

米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は27日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領の部分動員令を受け、同国から出国者が相次いでいることについて「国籍を問わず、米国に亡命を申請することができる」と述べ、要件を満たせば歓迎する意向を示した。

ロシアメディアの報道によると、同国は予備役の出国を禁止する措置を取り始めており、社会に動揺が拡大。23日から出国できない人が出始めたという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細