ハライチ&神田愛花MCの平日昼生放送「ぽかぽか」来年1月スタート

新番組「ぽかぽか」MCの(左から)ハライチ・岩井勇気、澤部佑と神田愛花
新番組「ぽかぽか」MCの(左から)ハライチ・岩井勇気、澤部佑と神田愛花

フジテレビは、来年1月から平日昼帯の新バラエティー「ぽかぽか」(月~金曜、時間未定)をスタートさせる。現在放送中の「ポップUP!」(月~金曜前11・45)は年内で終了する。

MCは、お笑いコンビのハライチ(岩井勇気、澤部佑)とフリーアナウンサーの神田愛花。3人は全曜日に登場する。

総合演出を担当する鈴木善貴氏は3人の魅力をこう説明する。

「嫌いという声を聞いたことがない愛されキャラクターで、年上相手でも的確に裁くMC力は30代ではダントツの澤部さん。有名人の中にもファンが多く、ラジオでのフリートークも面白い、頭の回転が“鬼速“の岩井さん。思考が素直、この方しか言えないコメントが痛快で生放送で“事故る”香りがする神田さん」

ハライチとは12年前に仕事をともにしたことを思い出し「36歳になったお二人との生放送。当時と同じノリにならないように、しかし、いろんな大人の意見を聞きすぎて縮こまった番組にもならぬよう踏ん張りたい」と鈴木氏は決意を新たにする。

「ぽかぽか」には、「笑っていいとも!」(1982年~2014年)、「バイキング」(14~20年)を手掛けてきた同局バラエティー制作陣が再結集して挑む。タイトルが示すとおり、合言葉は「みんなの“楽しい”が集まる場所」。チーフプロデューサーの南條祐紀氏が抱負を語る。

「タイトルとしての“カッコよさ”はあまりないかもしれないが、近い将来、たくさんの方々から愛され、親しみを持って(番組名を)呼んでいただけるよう日々の制作にいそしんでまいります」

にぎやかな昼の生放送を実現するべく、さまざまな企画を現在考案中だという。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細