現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「職人立国」日本とAIの進化 東洋大学情報連携学部長・坂村健

東洋大学情報連携学部長 坂村健氏
東洋大学情報連携学部長 坂村健氏

AIに奪われる仕事

誰でも使えて作品のレベルも高い「作画AI(人工知能)」が、ここ数カ月ほどで立て続けに公開された。7月13日に公開された「Midjourney」は「ゴッホが描いた2050年の春の京都、未来建築と桜のある風景」といった「お題」をチャットアプリに打ち込むだけで、それに沿った作画を返してくる。米国ではすでにこのAIで作画した絵がコンテストで1位入賞し、人間の出品者が抗議する事件も起こっている。

次の8月22日に公開された「Stable Diffusion」はソースコード(プログラムの設計図)などを無償オープンにしたので既存のお絵描きアプリに組み込んだり、LINEから簡単に使えるようにしたりと多くの人の手によりさまざまな進化が爆発的に始まっている。

ランキング

  1. 【緯度経度】香港を震撼させた「国歌」演奏 藤本欣也

  2. 【阿比留瑠比の極言御免】北の発射台表彰と反撃能力

  3. 【宮家邦彦のWorld Watch】戦いの悲劇…バルカンの地政学

  4. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

  5. 【産経抄】12月1日

  6. 【主張】原発の運転延長案 国家の計が弱腰では困る

  7. 【浪速風】不屈のコサック精神

  8. 【産経抄】11月30日

  9. 【正論】宗教少数派と信仰自由について 東京大学名誉教授・平川祐弘

  10. 【主張】被害者救済法案 与野党で早期成立を図れ

会員限定記事