動画

大阪駅に3D映像の巨大ヒョウが出現 通行人に雄たけび

JR大阪駅の大型ビジョンに巨大なヒョウの立体(3D)映像が放映され、話題を集めている。

迫力あるヒョウの3D映像が流れるのは、駅中央コンコース北側「暁の広場」にある縦3メートル、横11メートルの大型ビジョン。交通広告を手掛けるJR西日本コミュニケーションズなどが、3D映像広告の効果を検証するため28日から始めた。

ヒョウは日中、広告映像の合間を縫って出現。歩き回ったり、雄たけびを上げたりして、行き交う人を驚かせている。10月2日までは毎日現れ、以降は週ごとに不定期で出現する。

同社担当者は「ヒョウ柄ファッションで知られる大阪をイメージする動物といえばヒョウ。3D映像でも楽しんでもらえれば」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細