西九州新幹線が運転再開、「午後3時34分に爆破」とメール

JR諫早駅付近を走行する西九州新幹線「かもめ」=23日午後0時25分、長崎県諫早市
JR諫早駅付近を走行する西九州新幹線「かもめ」=23日午後0時25分、長崎県諫早市

長崎市は28日、武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎間で23日開業した西九州新幹線に関し「施設の複数箇所に高性能な爆弾を仕掛けた」などとするメールが届いたと発表した。佐賀県嬉野市や長崎県諫早市など、他の沿線自治体にも同様のメールが届き、JR九州は28日午後3時ごろから約1時間、運転を見合わせた。

長崎市などによると、メールは28日未明に受信。爆破時間は同日の「午後3時34分」と書かれていた。JR九州は新幹線の全5駅や付近の在来線駅で、乗客を退避させ不審物がないかどうか点検。武雄市は、武雄温泉駅の観光案内所や売店を一時閉鎖した。

長崎駅前には、退避して再開を待つ多くの利用客の人だかりができた。夫婦で旅行に来ていた佐賀県鳥栖市の田中義光さん(72)は「(駅構内の飲食店で)食事中に退避するよう言われた。早く再開できると良いが」と心配そうに話した。

長崎県警によると、長崎市に届いたメールは過去、各地の小中学校の爆破を予告したメールと文面が似ているという。

会員限定記事会員サービス詳細