船舶版「ドラレコ」義務化 知床観光船事故受け了承 国交省

観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(関係者提供)
観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(関係者提供)

北海道・知床半島沖の観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の沈没事故を受け、国土交通省は28日、船舶版のドライブレコーダー(ドラレコ)の設置を義務付ける方針を明らかにした。ドラレコの搭載で事故に至るまでの状況を把握しやすくする。同日開かれた事故対策の有識者検討委員会で示し、了承された。

関連法令の改正も含め、義務化の時期や対象となる船舶などは今後検討する。

国交省によると、ドラレコの記録映像を船員の教育訓練に活用することも義務付ける。ドラレコは船舶での利用を考慮した防水・耐圧性能は求めず、自動車向けの市販品を代用する方向で検討を進める。このため、船舶が浸水、沈没した場合は記録が失われる可能性もあるとしている。

事故の被害者家族から、航行中の映像や音声を記録する装置の設置を求める声が上がっていた。

会員限定記事会員サービス詳細