「山県有朋」本に注目 国葬弔辞で紹介、重版決定

岡義武著「山県有朋」(岩波文庫)の表紙
岡義武著「山県有朋」(岩波文庫)の表紙

安倍晋三元首相の国葬で弔辞を読んだ菅義偉前首相が、安倍氏が生前に読んでいたと思われると紹介した書籍「山県有朋」(岡義武著)が注目を集めている。書店から注文が相次ぎ、版元の岩波書店は28日までに、急きょ文庫版の重版を決めた。

昭和33年に岩波新書で刊行された明治の元勲・山県有朋(1838~1922年)の評伝。令和元年に文庫版が出た。ジュンク堂書店池袋本店の担当者によると、国葬後に問い合わせが続き、在庫はすぐになくなった。「学術系の本でこの反響は珍しい」と驚く。ネット書店大手アマゾンでも28日時点で、品切れ状態となっている。

会員限定記事会員サービス詳細