露独パイプラインで3カ所ガス漏れ 破壊工作か

デンマーク沖の海面に浮かぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」から漏れたガスの気泡=27日(ロイター=共同)
デンマーク沖の海面に浮かぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」から漏れたガスの気泡=27日(ロイター=共同)

【パリ=三井美奈】ロシアとドイツを結ぶ天然ガスのパイプラインで26日から27日にかけて、計3カ所のガス漏れが相次いで見つかった。デンマークのフレデリクセン首相は27日、同国テレビで「偶然とは考えにくい」と述べ、破壊工作の可能性を排除しなかった。

デンマーク海運当局は26日、同国領ボーンホルム島の南東でパイプライン「ノルドストリーム2」にガス漏れが発生したと発表。27日にはスウェーデン当局が「ノルドストリーム1」で、2カ所のガス漏れがあると明らかにした。現場は、同島北東の沖合だった。両国とも現場から5カイリ(約9・3キロ)内をそれぞれ、航行禁止区域に指定した。デンマーク政府は現状では、ガス供給への影響はないとしている。

ノルドストリーム1は露産ガスの欧州への輸送路。欧州連合(EU)が対露エネルギー制裁を決めたのと並行し、ロシアからの供給は大幅に削減されている。ノルドストリーム2はウクライナ情勢を受け、ドイツが稼働認可手続きを停止した。

会員限定記事会員サービス詳細