現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月28日

かつて社会面の片隅に掲載されていた「葬送」のコラムを担当していた時期がある。葬儀の取材を通して、多くの感動的な弔辞を聞いてきた。

▼昨日の安倍晋三元首相の国葬で菅義偉前首相が読んだ弔辞は、それらを上回るものだった。7年8カ月もの間官房長官として安倍首相と苦楽をともにした、菅さんならではの内容である。テレビ中継は、ハンカチで涙を拭う昭恵夫人の姿をとらえていた。

▼菅さんが弔辞で触れていたように、式場となった日本武道館近くの公園では、安倍元首相に花を捧(ささ)げるために多くの人が長い列を作っていた。若者の姿も目立った。何時間も待たされたはずだから、抜けるような青空が広がる秋晴れの一日で本当によかった。

ランキング

  1. 【緯度経度】米政権襲うハンター事件 古森義久

  2. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

  3. 【産経抄】12月2日

  4. 【主張】首相の2%指示 防衛費の「真水」大丈夫か

  5. 【主張】江沢民氏死去 強硬路線を今日に敷いた

  6. 【正論】安易な〝第2防衛費〟にするな 明星大学教授・細川昌彦

  7. 【パリの窓】パンに厳しいフランス人 有名店でもあっという間に客離れ

  8. 【浪速風】97歳が語る、日本が手本となる日

  9. 正論大賞に織田邦男氏、新風賞に松原実穂子氏 特別賞は安倍晋三元首相

  10. 【言葉のひと解き】清湖口敏 議員と「先生」 「センセー攻撃」で高慢から覚醒!?

会員限定記事