世界遺産破損で懲戒処分 NHK技術局長ら減給

NHKの外観(三尾郁恵撮影)
NHKの外観(三尾郁恵撮影)

NHKは28日、和歌山県高野町の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」内で、工事を発注した業者が路肩を破損させるなど指導や管理が不十分だったとして、技術局長ら4人と発注先の子会社「NHKテクノロジーズ」の社長(NHKから出向)を同日付で減給の懲戒処分にしたと発表した。

担当理事の児玉圭司技師長も役員報酬の10%を3カ月、自主返納する。NHKテクノロジーズも社員7人を出勤停止や減給の懲戒処分とし、取締役2人が役員報酬の一部を自主返納する。

NHKテクノロジーズは4月、NHKから受注したテレビ中継放送所の設備更新工事で、町に無許可で参詣道に土のうを敷き詰め、運搬機を通行させて路肩や丸太階段の一部を破損させた。NHKによると、原状回復の作業は既に完了しているという。

NHKは「貴重な文化財を破損したことについて、関係者や視聴者の皆さまに改めて深くおわびいたします」とコメントしている。

会員限定記事会員サービス詳細