パイプラインのガス漏れ「意図的行為」 北欧2国首相、警察も捜査

デンマーク沖の海面に浮かぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」から漏れたガスの気泡=27日(ロイター=共同)
デンマーク沖の海面に浮かぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」から漏れたガスの気泡=27日(ロイター=共同)

ロシアからバルト海経由でドイツに天然ガスを送る海底パイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で発生したガス漏れに関してスウェーデンとデンマークの首相は27日、意図的な行為で起きたとの認識をそれぞれ示した。スウェーデン警察も同日、破壊行為の可能性があるとして捜査を始めたと発表した。欧米メディアが報じた。

ロイター通信によると、デンマークのフレデリクセン首相は27日の記者会見で「事故ではなく、意図的な行為だと判断した」と指摘。スウェーデンのアンデション首相も別の会見で「意図的な行為だと結論付ける情報を得ている。おそらく妨害工作だ」と述べ、近隣諸国や北大西洋条約機構(NATO)と連携していることを明らかにした。

ガス漏れはデンマーク海域で2カ所、スウェーデン海域で1カ所見つかっていた。AP通信によると、現場近くの離島でガス漏れ発見前の26日、設置された地震計が大きな揺れを2回観測した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細