灘駅で電車飛び込みの男性不起訴、巻き添え5人けが

男性と接触し、ひびが入ったままの車両=7月19日、神戸市(彦野公太朗撮影)
男性と接触し、ひびが入ったままの車両=7月19日、神戸市(彦野公太朗撮影)

神戸市灘区のJR東海道線灘駅で7月、男性会社員=当時(23)=がホームから線路に飛び込んで電車にはじき飛ばされて死亡し、ホーム上にいた5人にぶつかりけがを負わせた事故で、神戸地検は28日までに傷害や往来危険、威力業務妨害の疑いで書類送検された男性を容疑者死亡で不起訴処分とした。27日付。

事故は7月19日夕、灘駅を通過中の草津発姫路行き快速電車に男性が接触してはじき飛ばされ、巻き添えになったホーム上の30~60代の女性5人がけがをした。

会員限定記事会員サービス詳細