「領土を盗む国連憲章違反」安保理でゼレンスキー氏が「住民投票」非難

27日、国連安全保障理事会にオンライン参加したウクライナのゼレンスキー大統領 (AP)
27日、国連安全保障理事会にオンライン参加したウクライナのゼレンスキー大統領 (AP)

国連安全保障理事会は27日、ウクライナ情勢を協議する公開会合を開いた。同国のゼレンスキー大統領がオンライン参加し、ロシアは親ロシア派による「住民投票」を経てウクライナ東部や南部の計4州を編入した後、男性住民を軍に動員して「母国と戦わせようとしている」と非難した。

米国のトーマスグリーンフィールド国連大使は会合後、今週中か来週初めに「偽の住民投票」を糾弾し、各国にウクライナ領土の変更を認めないよう求める決議案を安保理に提出すると明らかにした。ロシアが拒否権を行使すれば、国連総会に提出する考えを示した。

ゼレンスキー氏は住民投票について「他国の領土を盗み、国際法の規範を消し去ろうと試みる最もひどい国連憲章違反だ」と訴え、制裁強化と国際機関からの追放でロシアを孤立させるように安保理に要請した。

ロシアのネベンジャ国連大使はウクライナ政府がロシア系住民を弾圧してきたと主張し「過ちを認めなければ、この流れは続くだろう」と述べ、別の地域でも住民投票が実施される可能性を示唆した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細