埼玉・「川越ガチャ」、第2弾発売 人気止まらず

川越の人気スポットなどをモチーフにしたキーホルダーのカプセル玩具「川越ガチャタマ」の第2弾=28日午後、川越市
川越の人気スポットなどをモチーフにしたキーホルダーのカプセル玩具「川越ガチャタマ」の第2弾=28日午後、川越市

埼玉県川越市の人気スポットなどをモチーフにしたキーホルダーのカプセル玩具「川越ガチャタマ」の第2弾の販売が28日にスタートした。ファッションビル運営の「アルシェ」(さいたま市大宮区)が手がけ、第1弾の反響が大きかったことから次弾の発売を決めた。この日は登場を待ち望んでいた川越市民やファンらがこぞって買い求める姿が見られた。

今回の第2弾は全9種をそろえた。〝縁結び界最強〟として全国的に有名な川越氷川神社のお守り「縁結び玉」や、丸広百貨店川越店で令和元年9月まで運営されていた屋上遊園地「わんぱくランド」などの通常アイテムに加え、わんぱくランド開業から平成4年まで運転されていた「お城観覧車」もレアアイテムとしてお目見え。1回300円で、同店など市内5カ所に販売機がある。

アルシェは令和3年3月にJR大宮駅(さいたま市大宮区)を中心とした地域に焦点を当てた「大宮ガチャタマ」を販売し、瞬く間に大人気となった。最近はさいたま市の外にも飛び出し、今年5月に発売された川越ガチャタマの第1弾は8月末までに2万個以上を販売している。

アルシェの担当者は「今回は第1弾よりかなりマニアックで、地元感の強いラインアップとなっている。いろいろな川越の表情を楽しんでほしい」と話している。(兼松康)

会員限定記事会員サービス詳細