音声で聴く スポーツ、ここが知りたい

ラグビー審判・桑井亜乃さん 選手経験生かしパリ五輪にトライ

↓こちらから音声がお聴きいただけます。
選手として出場した2016年リオデジャネイロ五輪に続き、レフェリーとして2024年パリ五輪出場を目指す桑井亜乃さん=東京・大手町の産経新聞社(橋本謙太郎撮影)
選手として出場した2016年リオデジャネイロ五輪に続き、レフェリーとして2024年パリ五輪出場を目指す桑井亜乃さん=東京・大手町の産経新聞社(橋本謙太郎撮影)

選手としてグラウンドに立った五輪に、今度はレフェリーとしての出場を目指している人がいる。ラグビー7人制女子で2016年リオデジャネイロ五輪に日本代表として出場した桑井亜乃さんだ。

ターゲットは2年後のパリ五輪。国内だけでなく海外の大会にも積極的に出かけて技術向上を図る桑井さんに、レフェリーを目指した理由や武者修行の日々、五輪の魅力などを聞いた。(聞き手・橋本謙太郎)

ラグビー女子15人制の日本ー南アフリカ戦でアシスタントレフェリーを務めた桑井亜乃さん=7月30日、熊谷ラグビー場(佐藤徳昭撮影)
ラグビー女子15人制の日本ー南アフリカ戦でアシスタントレフェリーを務めた桑井亜乃さん=7月30日、熊谷ラグビー場(佐藤徳昭撮影)
■桑井亜乃(くわい・あの)
1989(平成元)年10月生まれ、北海道幕別町出身。帯広農業高や中京大では陸上の円盤投げの選手として活躍。その後、ラグビーを本格的に始め、立正大大学院に進学。FWとして7人制女子日本代表で活躍し、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場。2021年に現役を引退し、レフェリーに転向した。

※音声プレーヤーが表示されない場合はこちら

「音声で聴く スポーツ、ここが知りたい」は、アスリートなどスポーツ関係者の肉声インタビューをお届けします。

【音声で聴く スポーツ、ここが知りたい】ラグビー審判・桑井亜乃さん
聞き手 橋本謙太郎
音声編集 向井達也(オレンジボックス)
制作 産経新聞社

会員限定記事会員サービス詳細