もう「先生」とは呼びません 大阪府議会「職員と対等」

記者団の取材に応じる大阪府議会の森和臣議長=28日午前、大阪府庁
記者団の取材に応じる大阪府議会の森和臣議長=28日午前、大阪府庁

大阪府議会は28日の議会運営委員会で、議員の意識改革の一環として、長年慣例になっていた議員に対する「先生」という呼称を使わないことを決めた。大阪維新の会と公明党、自民党の主要3会派が賛同した。同日付で各議員に呼称変更の通知を出すとともに議会事務局を通じて職員らに周知した。先生に代わる呼称は「議員」のほか、議会や会派の役職名を使う。

議場で議員を呼ぶ際に使われている「君」という敬称も「議員」に改める。

呼称変更は、森和臣(かずとみ)議長と三宅史明副議長が21日の議運で各会派に提案。「先生」は本来、学校の先生ら指導的立場にある人を指すため、改めるべきだとしていた。

森氏は28日の議運後、記者団に「議員と呼んでもらうことで府職員と対等な立場に近づけ、上下関係を生まないことにつながっていくのでは」と述べた。一方、自民府議団の原田亮幹事長は提案に賛成しつつも「呼び方よりも大事なのは議員が勘違いせず、自分で自分を律することができるかどうかだ」と語った。

「先生」と呼ばないで 大阪府議会で提案

会員限定記事会員サービス詳細