「大広」から1500万円賄賂疑い 元理事ら再逮捕、五輪汚職

東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会スポンサー企業の選定業務を巡り広告大手「大広」(大阪市)側へ便宜を図った見返りに計約1500万円の賄賂を受け取ったとして、東京地検特捜部は27日、受託収賄容疑で大会組織委員会元理事の高橋治之(はるゆき)容疑者(78)と同容疑者の知人、深見和政容疑者(73)を再逮捕した。贈賄容疑で大広執行役員、谷口義一容疑者(57)=兵庫県西宮市=も逮捕した。

東京地検特捜部に贈賄容疑で逮捕された広告大手「大広」執行役員、谷口義一(たにぐち・よしかず)容疑者(大広ホームページより)
東京地検特捜部に贈賄容疑で逮捕された広告大手「大広」執行役員、谷口義一(たにぐち・よしかず)容疑者(大広ホームページより)

高橋容疑者の逮捕は、紳士服大手「AOKIホールディングス」、出版大手「KADOKAWA」の事件に続き3回目。

関係者によると、高橋容疑者は語学系サービス企業(大阪市)のスポンサー契約に関し、組織委のマーケティング専任代理店だった広告大手「電通」を補佐する「販売協力代理店」に大広が選ばれるよう、谷口容疑者から依頼を受けた。

再逮捕容疑は、深見容疑者と共謀し平成31年1月~今年2月、4回にわたり大広名義の口座から深見容疑者が代表を務めるコンサルティング会社の口座に計約1500万円を振り込ませ、大広側へ便宜を図るなどした見返りに賄賂を受け取ったとしている。

一方、特捜部は27日、スポンサー選定に絡みKADOKAWA側から計約7600万円の賄賂を受領したとして受託収賄罪で高橋、深見両容疑者を、贈賄罪でKADOKAWA元専務の芳原世幸(としゆき)容疑者(64)ら2人をそれぞれ起訴した。KADOKAWA会長の角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)も贈賄容疑で14日に逮捕されている。

特捜部はこれまでに、AOKIホールディングス側から計約5100万円の賄賂を受け取ったとして受託収賄罪で高橋容疑者を起訴。贈賄罪でAOKI前会長の青木拡憲(ひろのり)被告(84)らAOKI側の3人も起訴している。

会員限定記事会員サービス詳細