安倍元首相国葬

フォト特集 安倍氏悼み4300人参列 

昭恵夫人に抱かれ日本武道館を後にする安倍晋三元首相の遺骨。手前は岸田文雄首相 =27日午後6時7分、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)
昭恵夫人に抱かれ日本武道館を後にする安倍晋三元首相の遺骨。手前は岸田文雄首相 =27日午後6時7分、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)

安倍晋三元首相の国葬が27日、東京・日本武道館で執り行われた。210を超える国と地域、国際機関の代表団を含め国内外の計4300人程度が参列。首相経験者の国葬は戦後2例目で吉田茂元首相以来、55年ぶりとなった。

葬儀委員長の岸田文雄首相は弔辞で、安倍氏の歴代最長となった首相在任期間に触れ「歴史はその長さよりも、達成した事績によりあなたを記憶する」と述べた。友人代表の菅義偉前首相も追悼の辞を読んだ。天皇陛下の勅使、皇后宮使らの拝礼後、出席した皇族に続き喪主の昭恵夫人はじめ参列者が献花した。

ギャラリーページで見る

国葬には秋篠宮ご夫妻ら皇族7人のほか、三権の長と国会議員、都道府県知事ら計3600人程度が参列し、国外関係ではハリス米副大統領やインドのモディ首相ら首脳級50人程度と合わせて計700人程度が出席。立憲民主党は執行役員が欠席し、共産党などは党として参列を見送った。


会員限定記事会員サービス詳細