フォト特集

御嶽山噴火8年 追悼式に遺族ら参列

御嶽山の噴火から8年となり、追悼式で手を合わせる遺族=27日午後、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、追悼式で手を合わせる遺族=27日午後、長野県王滝村

58人が死亡、5人が行方不明となった2014年の御嶽山(3067メートル)の噴火から8年の27日、長野県王滝村の広場で追悼式が行われた。遺族らは午前11時52分の噴火時刻に黙とうし、慰霊碑に献花した。新型コロナウイルス禍で遺族らの参列は2年ぶり。午後0時半までに遺族や来賓の約50人が参加した。

長野県木曽町の原久仁男町長は「あの日から、災害の教訓を未来へ継承し、ともに活動する人を育てていくことが使命だと確信し、歩んできた」とあいさつ。阿部守一知事は「9月27日を『火山防災の日』と定め、噴火災害を風化させることなく、火山防災に思いを新たにする日にしたい」と述べた。

噴火から8年となった御嶽山(奥)と追悼式会場の慰霊碑=27日午前、長野県王滝村
噴火から8年となった御嶽山(奥)と追悼式会場の慰霊碑=27日午前、長野県王滝村

被災者家族会「山びこの会」の会員は木曽町の登山口で安全を呼びかけ、手作りのキーホルダーを登山者に渡した。事務局代表のシャーロック英子さん(63)は「若い世代に噴火を知ってもらいたい。草の根運動的に細く長くやっていくことが大切だ」と話した。

岐阜側初のシェルター検討

岐阜、長野両県境の御嶽山の北側に位置する継子岳(標高2859メートル)に、岐阜県下呂市が噴火から登山者を守るシェルターの設置を検討していることが27日、市への取材で分かった。2014年の御嶽山噴火を踏まえた調査で継子岳も噴火する可能性が出てきたため。岐阜県側のシェルター設置は初めて。

市危機管理課によると、山頂付近にコンクリート製か鋼鉄製のシェルター設置を検討している。市は今後、国や県と設置時期や場所の協議を進めるという。

御嶽山噴火後、長野県側にはシェルター4基が設置された一方、岐阜県側では山小屋の屋根を強化する対応にとどまっていた。

御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に手を合わせる(奥から)シャーロック英子さん、伊藤ひろ美さんら=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に手を合わせる(奥から)シャーロック英子さん、伊藤ひろ美さんら=27日午前、長野県王滝村
被災者家族会「山びこの会」会員が登山客に手渡した手作りキーホルダー=27日午前、長野県木曽町
被災者家族会「山びこの会」会員が登山客に手渡した手作りキーホルダー=27日午前、長野県木曽町
長野県木曽町の登山口で登山客に安全な登山を呼びかける「山びこの会」事務局代表のシャーロック英子さん(左)=27日午前
長野県木曽町の登山口で登山客に安全な登山を呼びかける「山びこの会」事務局代表のシャーロック英子さん(左)=27日午前
御嶽山の噴火から8年となり、噴火時刻に合わせて黙とうする遺族ら=27日午前11時52分、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、噴火時刻に合わせて黙とうする遺族ら=27日午前11時52分、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に触れる伊藤ひろ美さん(左)=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に触れる伊藤ひろ美さん(左)=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、追悼式会場で涙ぐむ女性=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、追悼式会場で涙ぐむ女性=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に手を合わせる遺族=27日午前、長野県王滝村
御嶽山の噴火から8年となり、犠牲者の芳名碑に手を合わせる遺族=27日午前、長野県王滝村


会員限定記事会員サービス詳細