露、日本領事を拘束 ウラジオ、機密不正取得と主張 すでに解放

ロシア国旗
ロシア国旗

ロシアの治安機関「連邦保安局」(FSB)は26日、国家機密にかかわる情報を不正に取得したとして、極東ウラジオストクの日本総領事館に勤務する男性領事を現行犯で拘束したと発表した。タス通信などが伝えた。

FSBは、男性領事が金銭を提供する見返りに「ロシアとアジア太平洋地域の一国との協力関係」「欧米側の対露制裁が露沿海地方の経済に与える影響」に関する非公開の情報を違法に取得したとしている。男性領事が自身の違法行為を認めたとも主張した。

露外務省は同日、首都モスクワにある日本大使館の幹部職員を呼び出し、日本外交官による違法行為に抗議したと発表。拘束された男性領事に「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」を宣告し、48時間以内にロシアから退去するよう命じたとも明らかにした。

一方、モスクワの日本大使館は同日、外交官を拘束して取り調べることは国際法違反であり、受け入れられないとするコメントを発表。国外退去処分も不当で遺憾だとし、露外務省に厳しく抗議した。日本政府関係者は27日、拘束された領事は数時間拘束され、既に解放されていると明らかにした。

ロシアは今年3月、ウクライナ侵攻を受けて対露制裁を発動した日本を「非友好国」に指定し、日露平和条約の締結交渉の停止を一方的に表明。9月にはロシアが不法占拠する北方領土での「ビザ(査証)なし交流」を定めた日本との合意文書も一方的に破棄するなど、日本への敵視を強めている。

札幌のロシア領事を国外追放 政府が対抗措置


会員限定記事会員サービス詳細