露、日本領事を拘束 ウラジオストク 機密不正取得と主張

ロシア国旗
ロシア国旗

ロシアの治安機関「連邦保安局」(FSB)は26日、機密にかかわる情報を不正取得したとして、極東ウラジオストクの日本総領事館に勤務する男性領事を拘束したと発表した。国営ロシア通信が伝えた。

FSBは、男性領事が金銭を提供し、その見返りとして「ロシアとアジア太平洋地域の一国との協力関係」などに関する非公開情報を取得したとしている。領事は自身の不法行為を認めているとも主張した。

ロシア政府は男性領事について、国外追放処分となる「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と宣言した。

会員限定記事会員サービス詳細