安倍元首相国葬

台湾、国葬を詳しく報道「献花台に長い列」

準備が進む安倍晋三元首相の国葬会場=27日午前11時42分、東京都千代田区(代表撮影)
準備が進む安倍晋三元首相の国葬会場=27日午前11時42分、東京都千代田区(代表撮影)

台湾メディアは27日、安倍晋三元首相の国葬について、午前中から会場の日本武道館周辺で厳しい警戒態勢が敷かれたことや、献花台に長い列ができたことを詳しく伝えた。台湾で安倍氏は「台湾に最も親しい首相」として極めて人気が高い。

対日本交流窓口機関、台湾日本関係協会の周学佑秘書長は27日の記者会見で、各国代表が献花する際に国名を読み上げる「指名献花」に台湾が含まれるかどうかについて「主催側が適切な手配を行うと信じている」と述べた。中国の反発については「台日の人情交流に対して抗議する理由がないと思う」とし、けん制した。

台湾からは前立法院長(国会議長に相当)で、台湾日本関係協会の蘇嘉全会長、王金平・元立法院長、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使)が出席する。また故李登輝元総統の娘、李安妮氏も安倍氏の家族の招待で出席する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細