キューバが同性婚を合法化 改正家族法に大統領署名

キューバの首都ハバナで投票するディアスカネル大統領=25日(Estudios Revolucion提供・ロイター=共同)
キューバの首都ハバナで投票するディアスカネル大統領=25日(Estudios Revolucion提供・ロイター=共同)

社会主義国キューバのディアスカネル大統領は26日、国民投票で可決された改正「家族法」に署名、同性婚が正式に合法化された。国営メディアなどが報じた。男性同士のカップルのための代理母出産なども認められる。

ディアスカネル氏は「キューバと国民と愛の勝利だ。社会主義を基盤とする民主参加の勝利でもある」と述べた。

25日の国民投票の投票率は約74%で、66・87%が賛成票を投じた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細