男性巡査長が拳銃自殺か 秋田、機動隊隊舎で

秋田県警は27日、機動隊の20代男性巡査長が同日朝、隊舎で頭から血を流して倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認されたと発表した。近くに所持していた拳銃と薬きょうが落ちており、発砲した形跡があった。県警は自殺の可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。

県警によると、巡査長は同日午前6時40分ごろ、隊舎1階の玄関ホールで見つかった。機動隊の職員が「バン」という音を聞き、隊舎内を見回っていた。

会員限定記事会員サービス詳細