安倍元首相国葬

甘利前幹事長「首相の判断に感謝」

安倍晋三元首相の国葬会場に集まった多くの参列者ら=27日午後2時16分、東京都千代田区の日本武道館(松本健吾撮影)
安倍晋三元首相の国葬会場に集まった多くの参列者ら=27日午後2時16分、東京都千代田区の日本武道館(松本健吾撮影)

自民党の甘利明前幹事長は27日、東京・北の丸公園の日本武道館で営まれた安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について「良いお別れができた。われわれが認識していた以上に(安倍氏が)偉大な政治家であったことが理解されていると感じた」と述べた。国会内で記者団に語った。

甘利氏は、安倍政権時代に取り組んだ環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉について触れ、「信頼していただけたら何があろうとも、自分が一緒に腹をくくるという宰相だと改めて実感した」と振り返った。

国葬をめぐり、党内から一部反発の声も上がった中での実施を決断した岸田文雄首相に対し、「いろんな声があったと思うが、よく判断していただいたと感謝している」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細