集合住宅に腐敗遺体、住人の女性か 大阪・東住吉

26日午後4時50分ごろ、大阪市東住吉区桑津の集合住宅2階1室で、女性の遺体が発見された。この部屋には、パート従業員の70代女性が居住しており、大阪府警東住吉署は身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。40代の次男と連絡が取れなくなっているといい、何らかの事情を知っているとみている。

同署によると、女性の遺体は腐敗が進み、台所であお向けに倒れており、ふとんがかけられていたという。

同日午後3時すぎ、女性が勤務する会社の上司の男性から「女性が17日の出勤を最後に無断欠勤して、携帯電話もつながらない」と署に連絡があった。署員らが部屋を訪れたところ、玄関には鍵がかかっていたが、ベランダが開いており、そこから中に入り遺体を見つけたという。

会員限定記事会員サービス詳細