日本、エクアドルに0-0 W杯前最後の親善試合

日本―エクアドル 後半、シュートを放つ堂安=デュッセルドルフ(共同)
日本―エクアドル 後半、シュートを放つ堂安=デュッセルドルフ(共同)

【デュッセルドルフ(ドイツ)=川峯千尋】サッカー日本代表は27日、ドイツのデュッセルドルフでの国際親善試合、キリン・チャレンジカップでエクアドル代表と対戦し0-0で引き分けた。

11月20日に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会に臨むメンバー決定前の最後の実戦で、日本は23日の米国戦から先発11人全員を入れ替え。守勢に立たされる場面も少なくなかったが、終盤に与えたPKをGKシュミット(シントトロイデン)が防ぐなど粘り強く戦い、2試合連続の無失点に抑えた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が24位で、W杯南米予選を4位で通過したエクアドルは同44位。対戦成績は日本の2勝2分けとなった。

会員限定記事会員サービス詳細