フォト特集

静岡、激甚災害指定を要請 大規模断水は順次解消へ

土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時23分
土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時23分

静岡県の川勝平太知事と静岡市の田辺信宏市長は27日、星野剛士内閣府副大臣と県庁で会い、台風15号による記録的大雨を激甚災害に指定するよう求める要望書を手渡した。静岡市で続いている大規模断水は29日以降、別の水源を活用して順次解消する見通しとなった。

川勝知事は星野氏に「県としてもできる限りのことをするので、支援してほしい」と述べた。

自衛隊による住民への給水作業=27日午後、静岡市清水区
自衛隊による住民への給水作業=27日午後、静岡市清水区

県によると、静岡市清水区で依然、約6万3千世帯が断水。市は給水再開に向け水道管に水を満たす「充水作業」を開始した。飲用にはできないが、一部地域でトイレなどの生活用水が使えるようになった。

市は、断水原因となっている、水道施設の取水口に詰まった土砂や流木を撤去する作業を継続。災害派遣要請を受けた陸上自衛隊も参加した。

土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時24分
土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時24分
土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時25分
土砂や流木の撤去作業が進む、静岡市清水区の水道施設の取水口=27日午後2時25分
星野剛士内閣府副大臣(左)に要望書を手渡す、静岡県の川勝平太知事=27日午後、静岡県庁
星野剛士内閣府副大臣(左)に要望書を手渡す、静岡県の川勝平太知事=27日午後、静岡県庁

会員限定記事会員サービス詳細