林外相「違法活動の事実ない」、領事拘束めぐりロシアに抗議

林芳正外相(代表撮影)
林芳正外相(代表撮影)

林芳正外相は27日午前、極東ウラジオストクの日本総領事館に勤務する男性領事が機密にかかわる情報を不正取得したとして、ロシア当局に拘束されたことについて、「ロシア側が主張するような違法な活動を行ったという事実はまったくない」と述べた。男性領事がすでに解放されたことも明らかにした。外務省で記者団に語った。

林氏は、拘束された男性領事について「終始、目隠しされたまま、両手および頭を押さえつけられ身動きが取れない状態で連行された上で、威圧的な取り調べを受けた」と説明。その上で「領事関係に関するウィーン条約および日ソ領事条約の明白かつ重大な違反であり、決して受け入れられない」と述べた。

ロシア側が男性領事について、国外追放処分となる「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と宣言したことに対しては「信じがたい行為で、強く抗議する」と述べた。

また、外務省の森健良事務次官は同日、ロシアのガルージン駐日大使を外務省に呼び出し、厳重に抗議し、ロシア側からの正式な謝罪と再発防止を求めた。

露、日本領事を拘束 ウラジオ、機密不正取得と主張 すでに解放

会員限定記事会員サービス詳細