安倍元首相国葬

中国、台湾の指名献花に反発 韓国報道は支持率低下強調

記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=27日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=27日、北京(共同)

【北京=三塚聖平、ソウル=時吉達也】日本政府は27日の安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)で、献花の際に国名や国際機関名などを読み上げる「指名献花」の対象に台湾を加えた。

これに対し、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は同日の記者会見で、「『台湾独立』分子に政治的な策略の舞台や機会を提供してはならない」と反発した。台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の周学佑秘書長は「台日間の人情(の問題)に抗議する理由はない」と述べた。

中韓のメディアは国葬の負の側面を強調して報じた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は27日付で、国葬が「論議の中で開かれた」と報道。国葬に反対する世論や費用が論議を呼んでいる状況を紹介した。また、カナダのトルドー首相の出席取りやめなどに触れ、「弔問外交」は「当初の期待を達成するのは難しい」と指摘した。

韓国の左派系紙ハンギョレ(電子版)は27日、「岸田首相は韓国にエネルギーを注ぐ余裕がない」とする記事を掲載。国葬への反発で内閣支持率が低下したことを挙げ、岸田内閣の低支持率が日韓関係の改善が進まない「最大の理由」だとの主張を展開した。

会員限定記事会員サービス詳細