ロシア南部で動員抗議デモ 国道封鎖、警察は威嚇射撃

ロシア国旗(ロイター)
ロシア国旗(ロイター)

ロシア南部ダゲスタン共和国の集落で25日、ウクライナ侵攻を巡る部分動員に抗議するデモが起きた。通信アプリに投稿された映像などによると、デモ参加者は国道を封鎖し、息子や夫らの動員に反発する女性も多く加わった。警察官は威嚇射撃した。独立系メディア「メドゥーザ」などが報じた。

ダゲスタンにはイスラム系の少数民族が多く住んでいる。ウクライナのゼレンスキー大統領は同日のビデオ演説で、動員は「ウクライナ人の苦しみを長引かせ、ロシアの先住民(少数民族)の男性を根絶させるために行われている」と述べた。

メドゥーザは25日、ロシア編入に向けた「住民投票」が強行されているウクライナ東部ドンバス地域(ドネツク、ルガンスク両州)や南部ザポロジエ、ヘルソン両州で動員の対象年齢の男性に対し、ロシアが投票終了後の28日をめどに地域外への移動を禁じる措置を検討していると報じた。ロシア国内で実施している部分動員を適用しようとしている可能性がある。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細