日本、開幕2連勝 バレー女子世界選手権

バレーボールの女子世界選手権は26日、オランダのアーネムで1次リーグが行われ、D組の日本はチェコを3―0で下して開幕2連勝とした。チェコは2連敗。

日本は第1セットを25―15で圧倒した。第2セットは序盤にリードを許したが25―20と逆転で奪い、第3セットも25―12で押し切った。古賀(NEC)が効果的にスパイクを決め、井上(久光)も得点源となった。島村(NEC)の速攻や移動攻撃も要所で効いた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細