現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月26日

世の中、右傾化を心配する声も聞くが、学校教育をめぐっては左傾化しているのではないかと気がかりなことが多い。例えば東京都武蔵野市で来春の市議会に提出が予定される「子どもの権利に関する条例」では「自分らしさをとりもどすために休む権利」などが盛り込まれるとか。

▼検討段階では「休む権利」に関連し、どのような理由でも取得でき、欠席扱いにならない子供の「特別休暇」導入案も出たという。

▼さすがに「現場が混乱する」との意見があり、あきれた制度の導入は「検討する余地がある」から「議論もあった」にトーンダウンしたようだ。子供の権利をはき違えて、甘えやわがままを助長するような思想を学校現場に持ち込むのはやめてもらいたいものだ。

ランキング

  1. 【竹島を考える】「尖閣有事」ならぬ「国会有事」 憂うべき日本の状況

  2. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  3. 【産経抄】12月3日

  4. 【産経抄】辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか 6月10日

  5. 【大阪「正論」懇話会】「安保戦略と防衛費、国守る意思示せ」 小野寺五典元防衛相

  6. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 サッカーW杯に水を差すつもりはないが…

  7. 【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した「自己犠牲の美徳」をあの男に見た

  8. 【正論】「欲ない、夢ない、やる気ない」……現代日本の最大の危機はこの「3Y」にある 作家・堺屋太一

  9. 【田村秀男の経済正解】「防衛国債」が日本にふさわしい

  10. 【主張】自民勉強会発言 与党議員の自覚に欠ける

会員限定記事