電動キックボードで初の死亡事故 52歳男性転倒

25日午後10時45分ごろ、東京都中央区勝どきのマンションの車寄せで、港区の会社役員の男性(52)が乗っていた電動キックボードが車止めに衝突。男性は転倒して頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。警視庁によると、電動キックボードが絡む死亡事故は全国で初めてだという。

月島署によると、男性はシェアリングサービスのキックボードを運転し、方向転換して走り出したところ転倒したという。月島署は飲酒運転の可能性もあるとみている。

警視庁などによると、中央区など都内の一部市区では電動キックボードの実証実験が実施されていて、男性が利用していたものも対象となっていた。実証実験では特例としてヘルメットの着用は任意となっており、男性は着用していなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細