加藤が72年ぶり最少四球 わずか11で記録を更新

日本ハム・加藤貴之=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)
日本ハム・加藤貴之=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

日本ハムの加藤貴之投手が26日の楽天戦で規定投球回に到達し、今季の通算四球11で、シーズン最少記録を72年ぶりに更新することが確実となった。2リーグ分立後は1950年の野口二郎(阪急)による14が最少記録だった。加藤は8回を投げ5安打2四球2失点で白星を挙げ、今季はもう登板しない予定。

今季は8勝7敗。防御率は2・01でパ・リーグ2位につけている。

会員限定記事会員サービス詳細