台風17号発生、小笠原へ 本州からは離れる見込み

9月26日13時現在のひまわり雲画像
9月26日13時現在のひまわり雲画像

小笠原諸島・父島の南の海上で26日、台風17号が発生した。北寄りに進み、27日未明から昼前にかけて同諸島に最接近する見通し。気象庁は28日にかけ、大雨による土砂災害や強風、高波に警戒を呼びかけた。

気象庁によると、台風は最接近後、進路を東寄りに変えて本州から離れ、30日までに日本のはるか東で温帯低気圧になる見込み。小笠原諸島の27日午後6時までの24時間予想雨量は150ミリ。27日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)、波の高さは5メートル。28日の波は4メートル。

台風17号は26日午後3時現在、父島の南南東約340キロを時速約20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は千ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の東側390キロ以内と西側110キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

会員限定記事会員サービス詳細