エボラ熱の死者21人か ウガンダ、被害拡大懸念

ウガンダの保健当局は25日、20日に流行宣言をしたエボラ出血熱を巡り、感染による死者が疑い例を含めて計21人に上ったと発表した。今回の流行は有効なワクチンが確立していないウイルス株によるもので、被害拡大への懸念が高まっている。

エボラ熱の最近の流行では、コンゴ(旧ザイール)東部で2018年8月から20年6月にかけて2200人以上が死亡した事例がある。コンゴではその後もたびたび流行が起きたが、この地域で見つかる株に対するワクチンが普及したこともあり、いずれも小規模な被害でとどまった。

ロイター通信によると、今回のウガンダでの流行は12年に広がった「スーダン株」と同じ系統のウイルス。この株に対しては既存のワクチンが十分に有効かどうかの検証がされていない。一方で世界保健機関(WHO)は、コンゴで見つかる株と比べて感染性と致死性が低いとの見解を示している。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細