国際線受け入れ再開へ 接種証明、中国ワクチンも対象に 松野官房長官

松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの水際対策が来月11日から緩和されるのに伴い、国際線を受け入れていない空港や港も準備が整い次第、受け入れを再開する方針を明らかにした。地方自治体の協力を得ながら進めていく考えだ。

水際緩和後も、海外からの入国にはワクチン3回目の接種証明が必要となるが、これまで有効と認めていなかった中国が開発したワクチンも対象に加える方向だ。

政府は水際緩和の一環で、来月11日から1日当たり5万としていた入国者数上限を撤廃するほか、短期滞在ビザの取得免除や個人旅行の受け入れも解禁する。松野氏は「国内外の多くの観光客が来訪することを期待する」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細