飲酒の警部2人、海や線路に転落 列車に遅れも 福岡

福岡県警の男性警部2人が、北九州市内の飲食店で飲酒後、帰宅途中に駅のホームに転落したり、海に落ちて救助されたりしていたことが26日、県警への取材で分かった。

県警によると、警部らは22日夜、退勤後に同じ警察署に勤務する警視らと4人で飲酒した。50代男性警部は、同日午後9時半過ぎ、JR赤間駅のホームから線路に転落。快速列車が停車し、遅れが出た。

別の50代男性警部は同日午後11時半ごろ、福岡市東区の岸壁から海に落ち、通報を受けた警察官に救助された。

県警は「事実関係を詳しく調べている」としている。

会員限定記事会員サービス詳細