横審、照ノ富士の再起願う 大関の制度見直し意見も

記者会見する横綱審議委員会の高村正彦委員長=26日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
記者会見する横綱審議委員会の高村正彦委員長=26日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は26日、東京・両国国技館で定例会合を開き、大相撲秋場所を両膝の故障などで途中休場した横綱照ノ富士について、高村正彦委員長(元自民党副総裁)は「祈るような気持ちで期待している」と再起を願った。八角理事長(元横綱北勝海)からは手術の可能性があると報告された。

高村委員長は照ノ富士が九州場所(11月13日初日、福岡国際センター)を休場した場合でも、横審は静観するとした。

秋場所で正代と御嶽海が4勝11敗と大きく負け越すなど不振が目立った大関陣に対し、一部委員から「制度的に今のままでいいのか」と、かど番制度や昇進目安に関する意見が浮上。だが具体的な提案はなかった。高村委員長は「いろいろな指摘はやむを得ない。大関の座を去る御嶽海も含めて奮起してほしい」と語気を強めた。

会員限定記事会員サービス詳細