自民党山梨県連で放火未遂 可燃物投げ込まれる

可燃物が投げ込まれた自民党山梨県連会館=26日、甲府市(平尾孝撮影)
可燃物が投げ込まれた自民党山梨県連会館=26日、甲府市(平尾孝撮影)

甲府市丸の内の自民党山梨県連会館で26日朝、1階の男性トイレの洋式便器や壁などがすすけて、一部が焼けているのを発見したとして、警備員が110番通報した。発見時すでに火は消えていたが、何らかの燃えたものが窓から投げ込まれたとみられる。県警では放火未遂事件として状況を調べている。

県警によると、県連会館の機械警備の異常を感知した警備員が、建物内を確認し、1階男性トイレで焼損を発見。「何か燃えたような跡がある」と6時4分に110番通報した。すでに鎮火しており、けが人はいない。

関係者によるとトイレの窓から投げ込まれたもようだが、何が燃えていたのかは確認できていないという。

自民党山梨県連では27日に、安倍晋三元首相の国葬に合わせ、献花台を設置するほか、半旗を掲げる予定となっている。

会員限定記事会員サービス詳細