熱帯低気圧が台風へ 27日、東京・小笠原最接近

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

小笠原近海の熱帯低気圧が台風に変わり、27日未明から昼前にかけて、東京・小笠原諸島に最接近するとして、気象庁は26日、大雨による土砂災害や高波に警戒を呼びかけた。

気象庁によると、小笠原諸島に接近後、進路を東寄りに変えて本州から離れ、日本の東の海上で温帯低気圧に変わる見込み。

小笠原諸島の27日朝までの24時間予想雨量は、多い場所で100ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、26日が15メートル(25メートル)、27日が18メートル(30メートル)。波の高さは26日が4メートル、27日が5メートルを予想している。

会員限定記事会員サービス詳細