中国「台湾問題の敏感さ認識を」 伊右派党首にクギ

中国外務省の汪文斌報道官(共同)
中国外務省の汪文斌報道官(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は26日、イタリア総選挙で強硬右派「イタリアの同胞」を勝利に導いた女性のメローニ党首が台湾支持を明言したことに対し、「台湾問題の高度な敏感さを十分に認識するよう促す」とクギを刺した。

汪氏は「イタリアの新政権が引き続き肯定的、実務的な対中政策を堅持するよう望む」と強調。イタリア側に対し「両国関係の健全で安定した発展は、双方の共同利益に合致している」と述べ、両国関係の安定を呼び掛けた。

伊・メローニ党首、台湾支持 「親中」脱却の構え

会員限定記事会員サービス詳細