校長が149キロで車運転 減給6カ月、岩手

岩手県教育委員会は26日、三陸沿岸道路(三陸道)を時速149キロで乗用車を運転したとして、公立中の50代男性校長を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。校長は「前後に車が見当たらなかったので加速した」と話しているという。宮古簡裁は罰金8万円の略式命令を出し、既に納付した。

県教委によると、校長は4月27日午後5時5分ごろ、学校から帰宅中に、宮古市津軽石の三陸道で法定速度を69キロ超過して走行した。パーキングエリアに停車していた県警パトカーが摘発した。

会員限定記事会員サービス詳細