ヤクルトがセ・リーグ連覇 2年連続最下位からは初

リーグ優勝を決め胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督=神宮球場(撮影・斎藤浩一)
リーグ優勝を決め胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督=神宮球場(撮影・斎藤浩一)

プロ野球ヤクルトは25日、東京都新宿区の神宮球場で行われた2位DeNAとの対戦に1―0でサヨナラ勝ちし、2年連続9度目のセ・リーグ優勝を決めた。連覇は1992、93年以来で2度目。2年連続最下位からの2連覇はプロ野球史上初めて。

高津臣吾監督(53)は就任3年目で2度目の制覇。打線の中軸を打つ村上宗隆内野手(22)がチームを引っ張り、シーズン途中から首位を譲らなかった。チームはクライマックスシリーズ(CS)には10月12日開始のファイナルステージから出場し、球団史上初の2年連続日本一を目指す。

ヤ1―0D ヤクルト、サヨナラでV

ヤクルト、劇的なサヨナラV チーム牽引した村上はキャプテン山田を熱く抱擁

会員限定記事会員サービス詳細