万博機運打ち上げろ 夢洲の夜空に4・5万発の花火

2025年大阪・関西万博を盛り上げようと会場予定地の夢洲で行われたイベント=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)
2025年大阪・関西万博を盛り上げようと会場予定地の夢洲で行われたイベント=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)

2025年大阪・関西万博の機運を盛り上げようと、会場となる大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)で25日、新型コロナウイルスの終息を願って花火を打ち上げるイベントが行われ、約4万5千発が夜空を彩った。

色とりどりの花火とドローンの光が夜空を彩った=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)
色とりどりの花火とドローンの光が夜空を彩った=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)

イベントでは、万博の公式キャラクター「ミャクミャク」を、約800機のドローンの光で浮かび上がらせるショーも行われ、特徴的な姿が浮かび上がると大きな歓声が上がった。

たくさんのドローンで描かれた「ミャクミャク」=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)
たくさんのドローンで描かれた「ミャクミャク」=25日午後、大阪市此花区(恵守乾撮影)

会員限定記事会員サービス詳細