日本作品が短編、長編ともグランプリ 北米最大級「オタワ国際アニメ映画祭」

カナダのオタワ国際アニメーション映画祭で24日(日本時間25日)、短編部門グランプリに和田淳監督の「半島の鳥」が、長編部門グランプリに山村浩二監督の「幾多の北」が選ばれた。他に榊原澄人監督の「飯縄縁日」が最優秀ノンナラティブ賞を獲得した。

同映画祭は北米最大級のアニメ映画祭。今年のコンペには短編62本、長編7本が選出された。

「半島の鳥」は大人への通過儀礼に向け舞踏を練習する少年と、彼だけに見える鳥を描く。今年のベルリン国際映画祭では短編コンペ部門の特別表彰を受けた。

「幾多の北」は東日本大震災後に感じた不安や苦悩を独特なアニメーションと断片的な警句に前衛的ジャズを合わせて描く。山村監督初の長編。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細