台湾、「専制主義の中国に属さず」と反発 軍事威嚇を批判

中国国旗と台湾の旗(ロイター)
中国国旗と台湾の旗(ロイター)

台湾の外交部(外務省に相当)は25日、中国の王毅国務委員兼外相が国連総会で、台湾は中国の不可分の領土だと強調したことに反発し「台湾は自由な民主主義国家」であり「専制主義の中国には属さない」とするコメントを発表した。

外交部は、国連憲章が武力による紛争解決を禁じているにもかかわらず、中国は最近台湾に対する軍事的威嚇を強めており、国連憲章の精神に反すると批判。中国は「権威主義的な拡張型政権」であり、一方的に台湾海峡の現状を変更しようとしていると指摘した。

(共同)

会員限定記事会員サービス詳細