フォト特集

ヤクルト2年連続9度目V 連覇は29年ぶり2度目

優勝を決め、胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督 =神宮球場(撮影・荒木孝雄)
優勝を決め、胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督 =神宮球場(撮影・荒木孝雄)

セ・リーグは25日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた首位ヤクルトが2位DeNAに1―0でサヨナラ勝ちし、2年連続9度目の優勝が決まった。高津臣吾監督は就任3年目で2度目のリーグ制覇。ヤクルトの連覇は野村克也監督時代の1992、93年以来2度目で、サヨナラ勝ちでのリーグ優勝決定は2015年以来となった。

2年連続最下位からのリーグ2連覇はプロ野球史上初。最下位から2連覇した例は76、77年に長嶋茂雄監督が率いた巨人の例がある。5月21日に首位に立つとその座を譲らず、137試合目で栄冠を手にした。

ギャラリーページで見る


会員限定記事会員サービス詳細