占いサイトやアプリでトラブル増加 メアド登録すると高額の相談料請求

「無料の占いで大金を手に入れた」など偽の体験談で勧誘する、占いのウェブサイトやアプリのトラブルが増えている。安易に氏名やメールアドレスを登録すると、高額の相談料を請求されたり別のサイトの勧誘メールが届いたりする。

国民生活センターによると、占いサイトに関する平成30年度の相談件数は1430件だったが、令和2年度は2131件、3年度は2382件に増加した。4年度は8月末時点で799件。相談の8割は女性からのものだった。

占いサイトには「無料の金運占いで宝くじが当たった。人生が変わった」「高級腕時計やタワーマンションを買い放題になった」などの体験談が掲載されているが、写真は複数のサイトで使い回されている。

霊感商法に詳しい紀藤正樹弁護士は「占い師から開運商品を買わされる被害も出ている。本格的な霊感商法の入り口として悪用されることもあり、警戒してほしい」と呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細